フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 仕事のお悩み解決
  3. 名ばかり管理職の特徴は?当てはまる場合の3つの解決方法

名ばかり管理職の特徴は?当てはまる場合の3つの解決方法

  1. 公開日:2022年07月12日
  2. 最終更新日:2022年08月02日

仕事のお悩み解決

この記事をシェアする:

「名ばかり管理職」という言葉を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
管理職と聞くとプラスのイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、名ばかり管理職はトラブルが非常に多く、たびたび問題視されています。

本記事では、名ばかり管理職の特徴や問題点、名ばかり管理職になった場合の解決方法などを紹介します。
「自分は名ばかり管理職かもしれない」
とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

名ばかり管理職とは?

名ばかり管理職とは「実際には管理職としての能力や権限がないにもかかわらず、肩書のみ管理職として扱われている従業員」を指します。

名ばかり管理職は支払う給料が抑えられることから、企業にとってはメリットがあるものの、従業員にとっては大きなデメリットがあり社会問題にも発展しています。
また、名ばかり管理職は会社から労働基準法に反した対応をされることも多いので、裁判に発展するケースも少なくありません。

名ばかり管理職の問題点

名ばかり管理職には、さまざまな問題があります。
なかでも、以下で紹介する2点は名ばかり管理職における主な問題とされているため、自身が当てはまっていないかどうかをチェックしてみてください。

問題点①残業代が支払われない

名ばかり管理職の最大の問題点は、残業代が支払われないことです。
労働基準法では、管理職である「管理監督者」は割増賃金の適用外、つまり残業代を支払う必要がないと定められています。

会社は残業代を支払わなくてよいというメリットがありますが、従業員にとっては役職に対して十分な権限や給与を与えられていないのに、不当に残業代を支払われないというデメリットに繋がります。

問題点②心身に強い負担がかかる

名ばかり管理職になると残業代が支払われなくなるため、会社から長時間労働や過酷な業務を強いられることが多くなります。
その結果、強いストレスを抱えて心身に不調をきたすことがあります。

名ばかり管理職になることにより、心身の健康が保てなくなる可能性もあるということです。

名ばかり管理職になった場合の解決方法

もし、自分が名ばかり管理職になってしまった場合は、早急に解決することが重要です。
具体的な解決方法としては以下の手段があるので、ぜひ参考にしてみてください。

解決方法①職場と交渉する

名ばかり管理職になった際は、まず職場と交渉しましょう。
役職に見合った手当を受け取っていないことや、長時間労働により心身の状態が悪化していることを伝えることにより、環境や待遇が改善されることがあります。

また、残業時間のデータが残っている場合は、適切に提示することで未払い分の残業代が支払われることもあるので、交渉の際に準備しておくことをおすすめします。

解決方法②労働基準監督署に相談する

職場と交渉をしたにもかかわらず、環境の改善が見込めない場合は、労働基準監督署に相談しましょう。
役職に対して相応の手当てや権限がないことや、残業時間が長いことで健康に被害が出ていることなどを伝えることにより、事態を解決するためのアドバイスがもらえます。

また、個人での解決が難しい場合や会社の対応が悪質だと判断された場合は、指導や是正勧告を行うために会社に対して立ち入り調査が行われます。

解決方法③転職や独立を視野に入れる

職場との交渉や労働基準監督署への相談が難しい場合や、行ったうえで問題が解決しなかった場合は、転職や独立することも視野に入れましょう。
これまでに培ってきたスキルや経験を活かして転職することにより、労働環境の改善が期待できます。

また、会社に縛られず自分で働き方をコントロールしていきたい場合は、独立するという選択際もあります。
経営における知識や経験がないから独立は難しいと感じる場合は、フランチャイズに加盟すれば本部から起業や経営に関するサポートを受けられるため、初心者でも安心して経営を行えます。

役職に見合った権限や手当てがない場合は名ばかり管理職の可能性がある

いかがでしたでしょうか。

肩書だけは管理職として扱われている「名ばかり管理職」には、さまざまな問題が伴います。
残業代が出ないだけではなく、労働時間が長時間におよぶ可能性も高いため、早急な解決が求められます。

自分が名ばかり管理職かもしれないと思った場合は、会社と交渉を行い、労働基準監督署に相談しましょう。
どうしても名ばかり管理職の問題が解決できない場合は、独立をするという手もあります。

傷ついたり古くなったものを修復・修繕するフランチャイズ「トータルリペア」では、独立開業したいオーナー様を全国で募集中です。
自分のペースで働いて売上を上げているオーナー様の事例もたくさんありますので、少しでも気になった方はぜひ資料請求してみてください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。