フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 仕事のお悩み解決
  3. ブラック企業の特徴とは?判別するポイントと解決方法

ブラック企業の特徴とは?判別するポイントと解決方法

  1. 公開日:2022年07月12日
  2. 最終更新日:2022年08月01日

仕事のお悩み解決

この記事をシェアする:

「自分が働いている会社はブラック企業かもしれない」
と感じている方も多いのではないでしょうか。
過酷な環境で働くことは、心身に悪影響を及ぼす危険性もあるため、もし現在の職場がブラック企業に該当する場合は、できるだけ早く退職することをおすすめします。

本記事では、ブラック企業の特徴や、自分の身を守るための解決方法などを紹介します。
働いている会社の労働環境に違和感を覚えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラック企業の特徴5選

明確な基準は設けられていないものの、業界や業種を問わず、ブラック企業にはさまざまな共通点があります。

ブラック企業とよばれる企業には、具体的には以下のような特徴があるといわれているので、現在働いている会社にあてはまる特徴がないかどうかをチェックしてみてください。

特徴①労働時間が長い

ブラック企業といわれる多くの会社は、労働時間が長い傾向にあります。
具体的には、残業時間が月45時間を超える月が続いているかどうかが目安です。

人手不足や高すぎるノルマ、仕事量が多いことから、勤務時間に仕事が終わらず、長時間の残業が連日続いていることが主な原因です。

特徴②休日が少ない

労働時間が長いだけではなく、休日が少ない点もブラック企業の特徴です。
もし、現在務めている会社の休日が少ない場合や、有給の取得がなかなかできない場合などは、ブラック企業に当てはまるといってよいかもしれません。

「募集要項には年間休日が120日と書かれていたのに、実際には100日未満だった」
といった状況で頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ブラック企業は人出不足の会社が多いので、有給を取得しにくい傾向にあります。

特徴③離職率が高い

ブラック企業は、ホワイトな企業に比べて離職率が高い傾向にあります。
労働環境に不満を感じている人や、心身への強い負担を感じている人が出やすい環境であるためです。

「ベテラン社員がほとんどいない」
「同期や先輩が次々と辞めた」
という場合は、ブラック企業の可能性があります。

特徴④パワハラやセクハラが横行している

労働時間や給料に問題がない場合でも、パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行している会社は、ブラック企業に該当することがあります。

上司からハラスメントを受けることで、心に余裕がなくなり、うつ病を発症するケースに発展することも少なくありません。

働いている会社がブラック企業だと判明したらやっておきたいこと3選

就職活動の際に企業選びを入念に行ったにもかかわらず、ブラック企業に入社してしまうというケースは非常に多くあります。
もし、今働いている会社がブラック企業だと判明した場合は、以下のことをやっておきましょう。

①労働基準監督署に通報する

労働基準法違反となる長時間の労働や、給料が支払われないサービス残業などが社内で横行している場合は、労働基準監督署に通報しましょう。
労働基準法違反の行為を通報すると、労働基準監督署によって企業への指導勧告や立ち入り調査が行われます。

匿名でも労働基準監督署に相談することはできるので、会社に通報者の名前が通達されることはありません。

②労働組合を結成する

よりよい労働環境で働きたいという場合は、社内で労働組合を結成しましょう。
労働組合とは、労働組合法や労働三権に基づき、会社の労働条件の改善や維持をするために結成された団体のことをいいます。

労働組合を結成すると、職場環境の改善や不当な解雇の撤回などを提言するために、団体交渉ができるようになり、社内の労働環境の改善に効果が期待できます。

③転職・独立する

さまざまな努力をしたにもかかわらず、労働環境の改善が見込めない場合は、今の会社を辞めて転職や独立をすることを考えましょう。
転職する際は、募集要項や求人票に記載されている情報だけではなく、企業の評判や平均年収などをしっかりと確認すると、ブラック企業を見極めて避けることができるでしょう。

また、会社のわずらわしい人間関係から解放されて自分のペースで働きたいという場合は、独立をおすすめします。
「独立起業してみたいが、経営や商材のノウハウがない」
という場合は、充実したサポートを受けながら独立ができる、フランチャイズへの加盟を視野に入れるのもおすすめです。

働いている会社がブラック企業だと感じたら早急に対策を講じよう

いかがでしたでしょうか。

ブラック企業に明確な基準はありませんが「労働時間が長い」「休日が少ない」といった特徴を持つ会社はブラック企業に該当する可能性が高いです。
また、働いている会社がブラック企業だと感じた場合は、労働基準監督署に通報したり労働組合を結成したりすると、労働環境が改善できる場合があります。

もし、さまざまな取り組みをしても、社内の労働環境が改善できない場合は、会社を辞めて、転職や独立することを視野に入れましょう。

修理・修繕サービスを提供するフランチャイズ「トータルリペア」では、全国で加盟店を募集中です。
自分のペースで働くことを重視して独立されているオーナー様の事例もたくさんあるので、まずは資料請求をしてみてください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。