フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 仕事のお悩み解決
  3. 仕事を効率化させるために取り入れたい5つのポイント

仕事を効率化させるために取り入れたい5つのポイント

  1. 公開日:2022年07月29日
  2. 最終更新日:2022年08月01日

仕事のお悩み解決

この記事をシェアする:

「仕事量が多くて、いつも締め切りに間に合わない」
「仕事がスムーズに進行できない」
といった悩みを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、仕事を効率化に導くためには、いくつかのポイントがあります。

そこで本記事では、仕事を効率化させるために取り入れたいポイントや、仕事の効率がよい人に共通している特徴などを詳しく紹介します。
仕事を効率化させて、残業削減や評価アップを目指したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

仕事を効率化させる5つのポイント

普段の仕事を効率化させたい場合は、以下で紹介するポイントを取り入れてみましょう。

ポイント①自分の力量に合った目標を設定する

まずは自身が仕事において設定している目標が適切かどうかを確認しましょう。

現在の自分の力量に対して、与えられている仕事量が多すぎる場合やノルマが高すぎる場合は、目標を達成することは現実的ではありません。
目標が達成できなければ当然、仕事の効率化は実現できないでしょう。

そのため、仕事の効率化を進めるためには、まずは「このくらいの仕事量であれば、なんとか対応できる」という達成可能な目標を設定することが重要です。

ポイント②実現可能なスケジュールを設定する

仕事の期日が決まっている場合は、業務の全体像を確認したうえで、実現可能なスケジュールを設定することも重要です。

スケジュールを立てずに業務を進めると、期日直前に焦ってしまいがちです。
さらに、不測の事態が発生した際に対応できなくなることもあります。

「いつまでに、このタスクを終わらせる」
「不測の事態を想定して、前倒しで進行させる」
といったように、スケジュールには余裕を持たせましょう。

ポイント③定期的に業務の振り返りを行う

定期的に業務の振り返りを行うことも、仕事の効率化には欠かせない要素です。

業務を振り返った際に、難しいと感じた部分や、無駄だと思える部分などを洗い出すことで、今後の業務において改善すべき点が明確になります。
改善を繰り返すことで、効率化を進められるでしょう。

また、仕事において改善の余地があると思った部分については、積極的に周囲に報告や相談をすることをおすすめします。

ポイント④業務効率化ツールを活用する

業務時間の削減に繋がるさまざまなツールを活用することもおすすめです。

たとえば、従業員の給料計算を一括で計算できるツールや、契約書をペーパーレス化するツールなどがあります。
時間がかかる業務や難しい業務がある場合は、まずは無料のツールから取り入れてみるだけでも効率化につながるでしょう。

ポイント⑤こまめに報告や相談をする

基本的なことですが、仕事の効率を上げるためには、上司やクライアントにこまめに報告や相談をすることも大切です。

段から締め切りの調整や目標の設定について相談しておくことで、スムーズな連携が取れるようになり、スケジュールやノルマを設定しやすくなります。

仕事の効率がよい人の特徴

仕事を効率化させるためには、仕事効率がよい人の共通点を参考にするという方法もおすすめです。
仕事効率がよい人には、以下のような共通点があります。

特徴①仕事に優先順位をつけている

仕事の効率がよい人は、業務に優先順位をつけています。

「最優先で対応する業務、期日が伸ばせる業務……」
といったように、業務に優先順位をつけることで、仕事を効率よく進められるようになります。

特徴②マルチタスクで業務を行わない

意外に思われるかもしれませんが、仕事の効率がよい人は、マルチタスクで業務を行わないという人が多いです。
なぜなら、複数の仕事を同時に進行することで集中力が切れてしまい、仕事のスピードやクオリティが下がってしまうからです。

シングルタスクで仕事を進め、一つひとつの仕事を大切にするからこそ、仕事を効率的に進めることができます。

仕事を効率化させるためにはスケジュール管理や定期的な業務の振り返りが大切

いかがでしたでしょうか。

仕事を効率化する際は、適切な目標を設定することやスケジュールを管理することが重要です。
「この目標なら達成できる」「このスケジュールであれば無理なく進められる」といった目標やスケジュールを設定することで、仕事は効率よく進められるようになるでしょう。

また、定期的に業務を振り返って仕事内容を見直すことや、業務効率化ツールを導入することも、業務時間の短縮に繋がります。

もし、上記で紹介したポイントを実践しても仕事が効率化できない場合は、会社や仕事が合っていない可能性も考えられます。
多くの人が仕事に抱く悩みと解決方法もチェックして、他に解決できる方法はないか探してみましょう。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。