フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 仕事のお悩み解決
  3. 【年代別】仕事でありがちな悩みとは?解決方法も紹介

【年代別】仕事でありがちな悩みとは?解決方法も紹介

  1. 公開日:2022年07月28日
  2. 最終更新日:2022年08月01日

仕事のお悩み解決

この記事をシェアする:

現在の仕事について、何か悩みがあるという方も多いのではないでしょうか。
仕事に関連した悩みを抱え続けると、業務効率の低下や心身の状態の悪化に直結するので、できるだけ早めに解決することをおすすめします。

本記事では、年代別に仕事でありがちな悩みと、効果的な解決方法を紹介します。
仕事の悩みを解決したいと考えている方は、ぜひ自分の悩みに当てはまるものがないか最後までご覧ください。

20代によくある仕事の悩みと解決方法

まずは、20代の方に多い仕事の悩みと解決方法を見ていきましょう。

悩み①会社が自分に合っているのか分からない

就職したものの「思っていた会社のイメージと違っていた」「自分のやりたいことが分からない」といったことが気になるという人は非常に多いです。
このような悩みが「現在働いている会社が自分に合っているのか分からない」という悩みに発展することがあります。

解決方法

20代は社会人としての経験が浅いため、自分のやりたいことや将来のキャリアプランが分からないと思い悩むことは珍しいことではありません。
仕事をしばらく続けてみたうえで、やりがいを感じられない場合や、長期的に働くことが難しいと思う場合は、転職を視野に入れることをおすすめします。

悩み②給料が上がらない

日本の企業は年功序列の制度が取り入れられていることが多く、そのような企業では若年層は給料が低い傾向にあります。
なかなか給料が上がらないため、貯金ができないという人や、結婚に踏み切れないという悩みを持つ人も多いです。

解決方法

まずは自分が目標とする年収を設定し、現在働いている会社でその年収を得られるかどうかを確認します。
上司や先輩の収入、また給料のインセンティブなどを確認したうえで「この会社では目標とする年収を得ることができない」と判断した場合は、転職活動しましょう。

30代によくある仕事の悩みと解決方法

キャリアプランが明確になり、収入や貯金が安定してくる30代にも、さまざまな悩みが伴います。
30代の方に多い仕事の悩みと解決方法には、以下のようなものがあります。

悩み①転職先の人間関係がうまくいかない

これまでに培ってきた経験を活かして転職したものの、転職先の人間関係がうまくいかないと思い悩むこともあります。
「転職先の社風が体育会系だった」「話ができる人がいない」といった悩みを抱え、会社で孤立してしまうケースや心を病んでしまうケースも少なくありません。

解決方法

転職先の会社に順応できず、精神的に辛い気持ちが続く場合は、直属の上司や人事部に部署異動を相談しましょう。
そのうえで、問題を解決することが難しい場合は、再び転職するか、もしくは独立を視野に入れることもおすすめです。

悩み②仕事と家庭の両立が難しい

仕事と家庭との両立がうまくできないと悩む人も多いです。
特に女性の場合は、出産や育児などの問題に直面して、体力が続かず疲弊してしまうことがあります。

解決方法

ワークライフバランスが実現できず、仕事と家庭の両立ができない場合は「仕事量を減らす」「帰宅時間を早める」といった方法が効果的です。
まずは、直属の上司や人事部に、仕事量が減らせないかどうかを相談しましょう。

また、テレワークや時短勤務などを導入することも効果的な方法です。

40代によくある仕事の悩みと解決方法

キャリアが形成された40代は、社内ではベテランと呼ばれるポジションですが、やはり仕事における悩みを抱える方もいます。
40代の方に多い仕事の悩みと解決方法には、以下のようなものがあります。

悩み①部下との接し方が分からない

40代以上になると、役職に就いて、部下を持つ人も多くなります。
しかし、そのような状況がかえって「部下が指示したことを聞いてくれない」「部下と年齢差があるので距離を感じる」といった悩みに発展する場合も少なくありません。

解決方法

部下に一方的に指示を出したり、無理に話題を合わせたりしようとすることが続くと、部下とのあいだに心理的な溝ができてしまいます。
上司と部下の関係においてもっとも大切なことは信頼関係です。
適度な距離を保ちつつ、部下の状態をこまめに確認するような思いやりの心を持ちましょう。

休日の過ごし方や天気の話といった世間話でも信頼関係は育まれるので、無理に話題を合わせる必要はありません。

悩み②上司との接し方が分からない

40代以上になると、社長や役員とのやり取りも増えてきます。
権力を持つ上司との接し方が分からないことで、強いストレスを感じることや不安感を抱くことがあります。

解決方法

社長や役員と接する機会が多い状況は、裏を返せば会社の経営の深い部分にまで携わることができる状況ともいえます。
そのため、「自分がこの会社を引っ張っていこう」という気概を周囲に見せることが大切です。

もし、社長や役員との関係がうまくいかず、辛い気持ちが続く場合は、これまでに培ってきた経験を活かして独立するという選択肢も視野に入れてみましょう。
経営における知識や経験がない場合でも、フランチャイズに加盟すると手厚いサポートが受けながら独立できるのでおすすめです。

仕事の悩みが解決できない場合は転職や部署異動、独立起業などを検討しよう

いかがでしたでしょうか。

仕事における悩みを抱え続けることは、業務の生産性を低下させるだけではなく、心身の状態を悪化させる可能性もあります。
そのため、仕事における悩みは放置せずに、早めに解決することをおすすめします。

もし、現在働いている会社で思い悩むことが多く、解決することができないという場合は、転職や独立起業なども視野に入れてみましょう。

修理・修繕サービスを提供するフランチャイズ「トータルリペア」では、全国で加盟店オーナー様を募集中です。
自由度が高く、働きやすい環境に興味がある方は、まずは資料請求をしてみてください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。