フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 仕事のお悩み解決
  3. 転職活動中に多くの人が直面する悩みとは?解決策も紹介

転職活動中に多くの人が直面する悩みとは?解決策も紹介

  1. 公開日:2022年06月09日
  2. 最終更新日:2022年06月09日

仕事のお悩み解決

この記事をシェアする:

「新しい業界にチャレンジしてみたい」「スキルアップしたい」といった思いから、転職活動を進めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、転職活動は思ったように進められないこともあるため、強いストレスや悩みなどを抱え込んでしまう方も少なくありません。

そこで本記事では、転職活動中に多くの人が直面する悩みと、その解決策を紹介します。
転職活動をスムーズに進めたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

転職活動中に直面することが多い悩みと解決策

転職活動にはさまざまな悩みや苦難が伴います。

転職活動中において、多くの人が直面する悩みと解決策には以下のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

悩み①不採用通知がくることが精神的に辛い

面接を受けた企業から、不採用通知がくることに落ち込んでしまうという人は非常に多いでしょう。
特に、複数の企業から不採用通知が届いた場合や、最終面接で不合格になった場合などは精神的なダメージも大きくなりやすいです。
その結果、自分を責めてしまい、うつ病を患うケースに発展することもあります。

解決策

不採用通知が届き、精神的に辛いと感じた場合は「この会社には縁がなかった」と自分に言い聞かせる方法や、自分が好きなことを実行して気持ちをリセットする方法が効果的です。
また、面接において自身で改善ができる部分があると感じた場合は「次回はどうすればよいのか」といったように、自己分析をして平常心を保つことも大切だといえます。

もし、どうしても精神的に辛い状態が改善されない場合や、憂鬱な気分が続いている場合は、心療内科やメンタルクリニックを受診することをおすすめします。

悩み②現在の仕事が忙しくて時間が確保できない

現在の仕事が忙しいことから時間がなかなか確保できず、面接のスケジュールが確保できないという人も多くいます。

企業のリサーチにはまとまった時間が必要になるので、現在の仕事が忙しいと、どのような企業があるのかを調べることが難しくなるでしょう。
また、現在の職場で休日の日数が少ないことにより、面接の日程が調整できず、なかなか転職活動が進められないというケースもあります。

解決策

仕事が忙しく、まとまった時間が確保できない場合は、通勤の時間や休憩時間、寝る前の時間などを使って少しずつ企業をリサーチしましょう。
また、面接のスケジュールが確保できない場合は、有給を取得することや、休日に面接を実施している企業に応募することを検討しましょう。

悩み③条件に合う求人が見つからない

希望する条件にマッチした企業がなかなか見つからず、転職活動がうまくいかないというパターンも多くあります。
年収や年間休日の日数、就業先のエリアといった条件を絞りすぎたり、地域や年齢によって選ぶことができる企業の数も少なくなってしまいます。

解決策

条件に合った企業がなかなか見つからない場合は、希望する条件を緩和しましょう。

たとえば、「エリアは東京23区、年間休日の日数は130日以上、私服通勤可」といったように条件を絞りすぎると、該当する企業の数は限られてしまいます。
そのため、「エリアは関東圏全域、最低でも土日休み、できたら私服通勤可」といったように、希望する条件を緩和すると該当する企業の数も増えるでしょう。

もし、希望する条件を緩和しても自分に合った企業が見つからないという場合は、独立起業も視野に入れてみましょう。

起業に関する知識や、専門的なスキルに自信がないという方は、フランチャイズに加盟して独立するという方法がおすすめです。
経営に関する知識や、専門的なスキルを学ぶためのサポートを受けられるため、初心者でも独立起業ができます。

悩み④上司や同僚に転職活動をしていることが気づかれないか不安になる

面接を受けるために、有給の取得や早退することが多くなると、上司や同僚から「転職活動をしているのでは?」と気づかれることがあります。
その結果、社内でよくない噂が広まってしまったり、上司や同僚からの当たりが強くなってしまったりという状況に発展するケースも少なくありません。

解決策

転職活動をしていることを周囲に気付かれないようにするためには、事前に準備をしておくことが大切です。

たとえば、普段はほとんど有給を取得していなかったにもかかわらず、有給を取得する回数が突然増えると、周囲から転職活動をしていることを疑われます。
そのため、「親戚の用事がある」「旅行に行く」といった理由で普段から有給を取得しておくと、転職活動のために有給を取得した際に、周囲へ違和感を与えにくくなります。

悩み⑤出費がかさむことで貯金が減ってしまう

面接会場に行くための交通費やスーツの購入などで出費がかさみ、貯金が減ってしまうことに頭を悩ませる人もいます。
特に、面接会場が遠方の場合は交通費や宿泊費などが高くなるので、貯めていたお金が減り、生活が厳しくなるということもあるでしょう。

解決策

転職活動にはお金がかかるので、貯金を蓄えてから転職活動を始めましょう。
また、遠方の企業は避けて、なるべく交通費が高くならない距離にある企業を転職先に選ぶことをおすすめします。

もし、「貯金の残高にあまり余裕がないけれども、今すぐ転職したい」という場合は、私服可の企業やリモート面接に対応している企業も視野に入れましょう。

転職における悩みはそのままにせず解決しよう

いかがでしたでしょうか。

転職活動はスムーズに進まないことも多く、人によっては強いストレスや悩みなどを感じます。
辛い気持ちや悩みを解決せずにそのまま放置すると、自分を責めてしまうことや、精神的な病気を患ってしまうこともあるため、なるべく早めに解決することをおすすめします。

もし、転職活動において希望に合う求人が見つからずにお困りの場合は、独立起業してフランチャイズに加盟するという選択肢も視野に入れてみましょう。
修理・修繕サービスを提供するフランチャイズ「トータルリペア」では、全国で加盟店を募集中です。
働きやすい環境に興味がある方は、まずは資料請求をしてみてください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。