フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 独立開業の基礎知識
  3. 開業の意味とは?独立・起業・創業との違いを紹介

開業の意味とは?独立・起業・創業との違いを紹介

  1. 公開日:2022年07月11日
  2. 最終更新日:2022年08月02日

独立開業の基礎知識

この記事をシェアする:

これから事業を始める方は、開業という言葉を使う場面が多くなるでしょう。
自分の伝えたい意図をきちんと伝えるためには、言葉の意味を正しく理解することが大切です。
また、 ほかにも開業とよく似た言葉がいくつかあります。

そこで本記事では、開業とはどのような意味であるのか、また独立・起業・創業と何が異なるのかを解説します。
開業を検討しているという方は、ぜひ最後までご覧ください。

開業とはどのような意味?

開業とは、ひと言で表すと、新たに事業を始めることです。
事業を行っていること自体を指す場合もあります。

開業という言葉はよく、もともと存在するビジネスを用いて個人で事業を始めるときに使われます。
たとえば、弁護士や医師などの何かしらの資格を持つ人が、個人で事務所や医院を開く場合には、開業するといいます。

開業と似ている言葉とその意味

開業と似ている言葉に、「独立」「起業」「創業」があります。
ここからは、それぞれの言葉の意味を解説します。

独立とは

独立とは、ほかの人に頼らずに自分の意志で行動することを指す言葉です。
「家族のもとを離れ独立して暮らしている」
「庭にあるプールは独立している」
など、ビジネスに限らずさまざまな場面で使用されています。

ビジネスにおいては、会社員からフリーランスに独立するといったように、ほかの人の力を借りずに自分の力で生計を立てていくことを表します。
また、たとえば独立開業といったように、ほかの単語と合わせて使われることも多い言葉です。

起業とは

起業とは事業を始めることです。
これだけを聞くと、開業と同じ意味なのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、起業はこれまで存在しなかったビジネスで新たに事業を行うということです。
もともと存在するビジネスを用いて事業を行う開業とは意味が異なります。

また、ベンチャー企業といわれる、独自のアイデアで新たなビジネスをする企業の経営をする人を起業家と呼ぶことがあります。

創業とは

創業も開業や起業と同様に、事業を開始することを表す言葉ですが、なかでも過去に事業を開始した日のことを話すときに使われることが多いです。
具体的には「創業〇年の会社」「〇年に創業した」といった状況で使用されています。

なお、未来の話をするときには、創業という言葉は使われません。
たとえば「創業する予定がある」といった言い回しをすることはないと考えてよいでしょう。
その代わりに、未来の話をする際は、先ほど紹介した起業が用いられます。

また、創業者という言葉もあり、この言葉は事業を始めた人のことを指すときに使用されます。

開業と独立・起業・創業の違いとは

ここからは、それぞれの言葉の違いを解説します。

開業と独立の違い:過去の状態

開業と独立の大きな違いは、過去にどのような状況であったのかという点です。

独立は開業とは異なり、今までどこかの企業に勤めていた場合に、その企業から独り立ちをするという意味で使用されます。

そのため、新たに事業を始めるという状態ではあったものの、もともと企業に勤めていなかった場合には、独立という言葉は使わず、開業を使います。

開業と起業の違い:始める事業の種類

開業と起業は、始める事業がどのようなものであるかという点が異なります。

具体的には、個人で事務所や医院などを開くときに、開業という言葉がよく使われます。
これは、弁護士や医師などの資格を取得して、もともとあるビジネスとして事務所や医院を経営するという意味です。

一方で、起業は今までに存在しなかった新たなビジネスを作って事業を始めるという意味で使われます。

開業と創業の違い:時系列

開業と創業は、過去と現在どちらの話をしているのかという点で異なります。

創業は事業を始めた過去の時点を指す言葉です。
一方で、開業は事業を行っていること自体を指す言葉なので、過去ではなく現在のことを話すときに使います。

開業とは新たに事業を始める、また事業を行っている状態のこと

開業とは、もともと存在するビジネスを用いて新たに事業を始めることや、事業を行っていること自体を指す言葉です。

開業と似ている言葉に独立や起業、創業という言葉がありますが、それぞれ言葉の意味や使い方は異なります。
そのため、これから事業を始めたいとお考えの方は、言葉の意味を理解して正しく使うことを心がけましょう。

もともと存在するビジネスを用いて独立開業を行いたいとお考えの方には、フランチャイズ「トータルリペア」への加盟がおすすめです。
トータルリペアでは、車や住宅などの修理や修繕サービスを提供しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。