フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. 独立開業の基礎知識
  3. 独立開業とは?資金別の独立開業できる仕事まとめ

独立開業とは?資金別の独立開業できる仕事まとめ

  1. 公開日:2022年02月16日
  2. 最終更新日:2022年02月18日

独立開業の基礎知識

この記事をシェアする:

今の職場に不満があるけれど、今の仕事を辞めて何ができるか、何がしたいのかわからない人もいらっしゃるでしょう。 

この記事では、そもそも独立開業とはなにかという概要から、どんな方法や仕事があるのか具体的なアイデアまで紹介します。
少しでも独立開業に興味がある方はぜひ本記事を読んで、具体的な計画を立てるきっかけとしてください。 

独立開業とは

独立開業とは、勤務していた職場を辞めて、自分で事業をはじめることです。
独立が成功すれば、収入アップやワークライフバランスなどの希望が叶います。

一方、失敗してしまった際、代わりに責任を取ってくれる雇用主がいないので、全て自分で責任を取らなければいけません。

独立起業も同じような意味を持ちますが、特に企業を設立する際に使われます。

独立開業する3つの方法

ここでは大きく独立開業する方法を3つに分けて紹介します。

独立は、サラリーマンや公務員を続けるよりもハイリスク・ハイリターンな選択です。
なるべくリスクが下がるよう、自分に合った方法を探しましょう。

方法①専門スキルを活かす

まず紹介するのは、専門スキルを活かした事業をはじめる方法です。 
専門スキルをすでに持っている人や、どんなスキルを身に付けて仕事にしたいか明確に決まっている人が向いています。 

具体的なスキルとしては、ライティングやデザイン、プログラミング、翻訳・通訳、マッサージ、整体、ネイルアート、アロマセラピー、楽器の演奏などが挙げられます。 
専門スキルは勤務先や通信教育、専門学校などで学ぶことはもちろん、独学で身に付けられるものもあります。 

ただし、集客するには人脈や営業力も必要です。 
人脈・営業力を手に入れるためには、働きながら専門スキルを身に付ける方法がおすすめです。 

方法②資格を活かす

次に紹介するのは、資格を活かした事業を始める方法です。 
すでに資格を持っていて実務経験を積み、人脈もあるという方の場合は、資格を活かした独立開業がおすすめです。 

一方、資格を持っていない方は、まず資格を取るところからスタートとなります。 

難易度が高く資格保持者が少ない資格ほど、独占性が高く稼ぎやすい傾向があります。 
たとえば、会計士は合格率約10%と取得が難しいですが、財務・税務業務の代行や経営コンサルティングなどの仕事ができます。 
独立しやすい資格としては他に、司法書士や不動産鑑定士、一級建築士、中小企業診断士なども挙げられます。 

しかし、難易度の高い資格をとるためには時間やお金がかかり、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。

方法③フランチャイズ(FC)に加盟

最後に紹介するのは、フランチャイズ(FC)加盟店のオーナーとして独立開業する方法です。 
加盟金やロイヤリティを支払ってフランチャイズに加盟して、ノウハウや商品を得たりブランド力を借りられたりするのがメリットです。 

つまり、特別な専門スキルや資格、人脈などがなくても事業がはじめられます。 

特別な資格やスキルがない人や、特にやりたいことは決まっていないという人には、フランチャイズに加盟しての独立開業がおすすめ。 
どんなフランチャイズがあるのかを調べ、興味を持てたり自分でもできそうだと思えたりする事業を探してみましょう。 

ただし、本部のルールに従う必要があるので、全部自分で考えた通りに進めたいという方には向いていません。 

【資金別】独立開業できる仕事の種類

独立開業する際には資金が必要になることがほとんどです。 
ここでは、独立できる仕事にはどんなものがあるのか、資金別に紹介します。 

事業を決める際や、独立に向けて貯金をする際の参考にしてください。

0~100万円で独立開業できる仕事

以下のように自宅でもできる事業であれば、0~100万円の資金ではじめられます。

【0~100万円で開業できる仕事の例】 

  • ネットビジネス(ライティング・デザイン・プログラミングなど) 
  • コンサルティング 
  • 士業(弁護士、司法書士、税理士など) 

ただし、事務所を借りる場合は金額が上がります。

101万~300万円で独立開業できる仕事

以下のように、小さな店舗で運営できる場合や、フランチャイズに加盟する場合は、101万~300万円ほど必要です。 

【101万~300万円で開業できる仕事の例】

  • コンビニ
  • エステサロン
  • ネイルサロン
  • ハウスクリーニング
  • クリーニング店
  • 便利屋

301万~500万円で独立開業できる仕事

以下のような仕事は、101万~300万円ほどで開業できます。 

【301万~500万円で開業できる仕事の例】

  • 買取店 
  • ファーストフード 
  • 介護

501万~1,000万円で独立開業できる仕事

飲食店やアパレル・雑貨店などの店舗を開業するには、501万~1,000万円の資金が必要です。 

【501万~1,000万円で開業できる仕事の例】

  • カフェ・喫茶店 
  • アパレル・雑貨店 
  • 居酒屋

1,000万円以上で独立開業できる仕事

以下のような、専門の設備が必要な事業の場合は、1,000万円以上の資金が必要です。 

【開業に1,000万円以上かかる仕事の例】

  • クリック 
  • 歯科医院 
  • 美容院

独立開業を成功させるために、自分に合った事業を探そう!

独立開業したいけれどどんな事業をやるか決まっていなかった人は、自分の能力や嗜好、資金などに合った仕事が何かイメージできたでしょうか。 
独立開業すると、今の仕事に対する不満を解消できるかもしれませんが、簡単ではありませんし失敗するリスクもあります。 

もし特別なスキルややりたいことがないのであれば、すでに儲かるビジネスモデルができているフランチャイズに加盟する方法がおすすめです。 

修理・修繕サービスを提供するフランチャイズ「トータルリペア」は、全国で加盟店オーナー様を募集中。 
フランチャイズ加盟に興味のある方はぜひ資料をダウンロードしてみてください。 

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。