フランチャイズ本部が独立・起業・開業に役立つ情報をお届け独立成功のレシピ

  1. 独立成功のレシピTOP
  2. フランチャイズ基礎知識
  3. フランチャイズ加盟のデメリットや確認すべきポイントとは?

フランチャイズ加盟のデメリットや確認すべきポイントとは?

  1. 公開日:2022年07月11日
  2. 最終更新日:2022年08月02日

フランチャイズ基礎知識

この記事をシェアする:

フランチャイズに加盟することで、個人で一から独立を目指すよりも簡単に起業できます。

しかし、そんなフランチャイズ加盟にもデメリットはあるため注意が必要です。

本記事では、フランチャイズ加盟における3つのデメリットと、事前に確認しておきたい3つのポイントを紹介します。
独立開業を成功させたいという方は、最後までご覧ください。

フランチャイズ加盟とは?

フランチャイズ加盟とは、起業をしたい方がフランチャイズ本部に加盟し、本部の看板となるブランドを使う権利を得て経営を行うという方法のことです。

フランチャイズに加盟して経営を行うには、ロイヤリティとして店舗の売上の一部を本部に支払う必要があります。

本部にロイヤリティを支払うことで、本部のブランドを使用できるだけではなく経営に関する知識も提供してもらえるため、起業や経営が初めての方でも安心して経営できます。

フランチャイズ加盟における3つのデメリット

フランチャイズに加盟することで、本部から経営に関するさまざまなサポートを受けながら起業や経営を行えるため、個人で起業するよりも簡単に起業できます。

しかし、フランチャイズ加盟には、メリットだけではなくデメリットもあります。
メリットとデメリットをよく把握したうえで、自分に合っている方法であるかどうかを検討しましょう。

デメリット①本部にロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズに加盟すれば、経営に関する知識や、本部が仕入れた商品を提供してもらえます。
そして、その対価として、加盟店は毎月本部に売上の一部(ロイヤリティ)を支払います。

そのため、売上のすべてが自分の手元に残るわけではないという点は、人によってはデメリットだと感じられるでしょう。

デメリット②ブランドのイメージが加盟店の評判を左右する

フランチャイズに加盟して経営を行う場合、本部のブランドイメージが加盟店の評判を左右します。
加盟店に非がない場合でも、本部の行動により評判が下がってしまうことがあるという点は覚えておきましょう。

なぜなら、フランチャイズは加盟する本部の看板を借りて経営するという方法であるためです。
そのため、顧客が本部に対して抱いている印象は、そのまま加盟店への印象に直結します。

世間一般における本部に対する知名度が高く、印象もよいという場合は、開業したばかりの加盟店であっても本部のブランドイメージによる恩恵を受けられるでしょう。

しかし、反対に、本部に何らかの不祥事があった場合などは、加盟店もその影響を受けます。

デメリット③経営方針やサービスの内容を自由に決められない

個人で起業する場合は、経営方針やサービスの内容を自分で決めますが、フランチャイズに加盟する場合は、本部が決めた内容に従うことになります。

この点は、起業や経営が初めての方などにとっては、最小限の手間で経営ができるため、メリットとなるでしょう。
しかし、自由な経営を行いたいと考えている方にとっては、デメリットにもなり得ます。

フランチャイズに加盟する前に確認しておきたい3つのポイント

本記事で紹介したデメリットは、どのフランチャイズ本部に加盟した場合にも共通する内容です。

そのうえで、フランチャイズ加盟によるデメリットとは別に、加盟後に思わぬトラブルが発生する場合もあります。
ただし、このトラブルは、フランチャイズに加盟する前に本部の情報を確認しておけば、ある程度防げるものです。

以下の3つのポイントを確認して、加盟するフランチャイズ本部を慎重に選びましょう。

ポイント①契約内容の詳細

フランチャイズ加盟には、いくつかの義務や規定が定められています。
契約内容にまつわるトラブルが起きないように、加盟前に詳細を確認し、不明点は必ず本部に聞くようにしましょう。

たとえば、「契約期間」はどの企業のフランチャイズであっても定められているものです。
これは、あらかじめ定められた期間のあいだ、加盟店は本部とフランチャイズ契約を結んで経営を行うという決まりのことです。

万が一、やむを得ない事情により、契約期間の途中に契約を解除する場合は、本部に対して違約金を支払わなければなりません。

また、契約期間を終え、フランチャイズ経営を終了してから一定の期間は、同じ商業地域で似た事業を行ってはならないという旨の「競業避止義務条項」とよばれる規定もあります。

ポイント②本部の事業計画書

フランチャイズに加盟する前に、本部の事業計画書を確認することも大切です。
事業計画書を確認することで、フランチャイズ本部としての姿勢やこれまでの実績を知ることができるため、信頼して加盟しても問題ないのかどうかという点を判断できます。

安心して加盟できる本部を選ぶためにも、複数のフランチャイズ本部から事業計画書を入手したうえで比較することをおすすめします。

ポイント③本部のサポートの内容

フランチャイズに加盟することで、本部からさまざまなサポートを受けられますが、サポートの内容は本部によって異なります。
本部のサポート体制についてもあらかじめ確認しましょう。

特に、フランチャイズを新しく始めたばかりの企業の場合は、フランチャイズの経験が浅いため、他社のような手厚いサポートを行ってくれないといったことも考えられます。
事前に抱いていたイメージと実際のサポートの内容にギャップがあると、経営にも影響してしまう可能性があるため、注意が必要です。

フランチャイズ加盟のメリットとデメリットをよく比較して検討しよう

いかがでしたでしょうか?

フランチャイズ加盟は、本部にロイヤリティを支払う対価として、看板を使わせてもらうという仕組みの都合上、さまざまなデメリットやトラブルもあります。
とはいえ、事前にデメリットをある程度理解してから始めれば、フランチャイズ加盟はメリットも多いビジネススタイルです。

そのため、メリットとデメリットをよく比較したうえで、フランチャイズ加盟という手段が自分に合っているのかどうかを考えてみましょう。

修理・修繕サービスを提供しているフランチャイズ本部「トータルリペア」では、全国で加盟店を募集中です。
フランチャイズ加盟に興味のある方はお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

編集部 河田
編集部の河田です。書籍編集とウェブメディアの編集・執筆の経験を経て、現在は「独立成功のレシピ」のコンテンツ編集・執筆を担当させていただいています。現会社員かつ独立未経験者の目線で、自分が独立するなら知っておきたいと思う情報を発信していきます。よろしくお願いします。